5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

恥ずかしくて気になる……「小鼻の赤み」の原因と対策方法

恥ずかしくて気になる……「小鼻の赤み」の原因と対策方法

恥ずかしくて気になる……「小鼻の赤み」の原因と対策方法

“小鼻の脇の赤み”について悩んでいる女性は意外と多いもの。
ファンデーションやコンシーラーなどを使ってメイクをすれば隠すこともできますが、メイクを落としたり、すっぴんになったりすると途端に赤みが目立ってしまいます。

では、一体どうして小鼻の脇が赤くなってしまうのか、赤みの対策方法とあわせて詳しく探ってみましょう。

小鼻の赤みの原因とは?

・毛細血管拡張症
毛細血管拡張症とは、自律神経の乱れなどが原因で毛細血管が拡張する症状のこと。
拡張した毛細血管に停滞した血液が透けて見えることで、小鼻が赤く見えることがあります。

・脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎は、常在菌の1つであるマラセチア菌が異常繁殖することで発生します。
マラセチア菌は皮脂をエサとするため、皮脂分泌が多くて小鼻に赤みがある方は、脂漏性皮膚炎である可能性を疑ってみましょう。

・刺激や雑菌による炎症
鼻周りに強い刺激を与えていたり、不衛生にしていると雑菌が繁殖して炎症が起こり、小鼻が赤くなります。
鼻をかむときなどに小鼻を手やティッシュなどでこすっている方や、汚れたままのパフやスポンジを使ってメイクをしている方はこのケースに当てはまるでしょう。

・体質
もともと色白で表皮が薄い方は、毛細血管が透けて小鼻が赤く見えることがあります。
この場合は体質的なもので病気ではありませんが、常に小鼻が赤く見えてしまう傾向があります。

原因別! 小鼻の赤みの対策方法

原因別! 小鼻の赤みの対策方法

・毛細血管拡張症の場合
緊張していたり、ストレスを溜めこむと交感神経が優位になり、血管が拡張しやすくなります。
副交感神経を働かせるために、リラックスできる時間を設けたり、ストレスを溜め込まない生活を心掛けましょう。
また、寒いところから暖かい場所に行ったときに感じる寒暖差や、香辛料のとりすぎは赤みを目立たせる原因になるので気をつけましょう。

・脂漏性皮膚炎の場合
脂漏性皮膚炎が疑われる場合は、皮膚科を受診し、正しい治療を行いましょう。
また、皮脂の量を増やす糖質・脂質・アルコールの摂取は控えめにして、ビタミンやミネラルを十分にとれるバランスの良い食生活に改善することもポイントです。
免疫力が低下するとマラセチア菌が異常繁殖しやすくなるので、たっぷりと睡眠をとってストレスを溜めないなどの健康面にも気をつけることが重要です。

・刺激や雑菌による炎症の場合
炎症による赤みの場合は、スキンケア方法を見直すだけでもずいぶん改善されます。
鼻周りに刺激を与えないようにするとともに、メイクには清潔なパフやブラシを使用しましょう。

・体質の場合
体質が原因で赤みが出る場合は、自力での改善は困難になります。
美容クリニックでのレーザー治療や光治療で改善するケースもあので、どうしても小鼻の赤みを改善したいという場合には、一度クリニックでの施術を検討してみましょう。

小鼻の赤みが気になるというときには、まずは原因をしっかりと突きとめることが大切です。
自分の小鼻の赤みはどのタイプに当てはまっているのかを理解し、原因が判明したら、適切な対策を行って赤みの改善を目指していきましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら