5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

更年期障害の症状に肌荒れが含まれるってホント?

更年期障害の症状に肌荒れが含まれるってホント?

更年期障害の症状に肌荒れが含まれるってホント?

40代半ば~50代の女性にやってくるといわれている更年期障害では、体のほてりや倦怠感、多汗、イライラ、不眠などの症状がよく見られます。

もちろん、上記以外の症状もたくさんあり、更年期の症状は人によって異なりますが、中には肌荒れに悩む方も多いもの。
不調が続く更年期の期間に、肌荒れまでもが起こってしまうと、さらに大きなストレスにつながってしまいますよね。

一体なぜ更年期になると肌荒れが起こってしまうのでしょうか。
今回は、更年期障害と肌荒れの関係と、それを予防するためのケア方法をご紹介いたします。

そもそも更年期障害はなぜ起こる?

更年期の大きな原因となっているのは、ホルモンバランスの乱れです。
通常、女性の体の中では、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが分泌されています。

しかし、これらの女性ホルモンは年齢を重ねるとともに次第に減少していくもの。
女性ホルモンが減ると、体内ではホルモンバランスが乱れて体のほてりや多汗、動悸などさまざまな症状が起こります。
これこそが更年期障害の症状なのです。

更年期の肌荒れはエストロゲンの減少が原因!

とくに、更年期の肌荒れに関係しているのはエストロゲンで、これは肌の健康を守る働きをしているホルモン。
肌のハリや弾力の保持に欠かせないコラーゲンを生成するためのサポートをしたり、水分量を調節したりと肌のために重要な役割を担っています。

また、女性らしい丸みをおびた体つきを作るのもこのエストロゲンが関係しているのです。

このことからも分かるように、エストロゲンは女性にとってとても大切なホルモンですが、これが加齢によって減少すると、肌はハリや弾力が保てなくなってシワやたるみが起こりやすくなります。
さらにエストロゲンが減少すると、肌の水分量もガクッと低下し乾燥肌を引き起こします。

肌の乾燥は、肌荒れにつながる原因の1つ。
大人ニキビやシワ、シミ、たるみなどあらゆる肌トラブルのもとになります。

更年期障害による肌荒れを防ぐための方法とは?

メイク前の保湿ケアを見直してメイク崩れゼロ肌へ

・保湿ケアをしっかりと行う
エストロゲンが減少し乾燥気味の肌を守るためには、丁寧な保湿ケアを行ってたっぷりと潤いを与えてあげることが大切です。
とくに目元や口元などの乾燥しやすい部分には念入りに保湿を行いましょう。
保湿成分をしっかりと浸透させるためにも、クリームを塗ったあとには両手で優しく肌をおさえこみ、じっくりとハンドプレスをしてあげるのがポイントです。
顔だけでなく、首元やデコルテなども年齢が出やすい部分です。意外と見落としやすい部分ではありますが、顔以外の部分にも保湿ケアを行って体の乾燥も防ぎましょう。

・運動をしてストレスを軽減させる
更年期になると体の倦怠感や精神的な不安などによって、体を動かすことが嫌になったり外出する機会が減ったりすることもあります。
しかし、家の中にずっと引きこもっていてはストレスが溜まる一方で、体もどんどんとなまけてしまいます。
精神的なストレスや運動不足は肌荒れにもつながってしまうため、積極的に体を動かしてストレス解消につとめましょう。
また、更年期の症状の1つに不眠がありますが、毎日適度に体を動かすことで、いい疲労感が出て眠りにつきやすくすることもできます。
肌のためにも睡眠はとても大切です。
しっかりと睡眠をとって、肌の健康を保っていきましょう。

若いころにはすぐに治っていたニキビも、年を重ねるごとに治りにくくなっていきます。更年期の肌荒れは、しっかりと予防していくことが大切です。
毎日のスキンケアや生活習慣を見直して、更年期に負けない肌つくりをしていきましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら