5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

顔色まで悪く見える? 唇の色が悪くなる「NG習慣」4つ

顔色まで悪く見える? 唇の色が悪くなる「NG習慣」4つ

顔色まで悪く見える? 唇の色が悪くなる「NG習慣」4つ

鏡を見ながら「なんだか唇の色がぼやけて見える」「唇のくすみが気になる」と思ったことはありませんか?
唇の色が悪いと、顔全体が暗く見えてしまったり、老けて見えてしまったりするので注意が必要です。

血色のいいぷるぷる唇は、女性の魅力を大きく引き上げてくれるもの。
美しい唇を手に入れるためにも、ついやってしまいがちな唇の色を悪くするNG習慣についてご紹介いたします。

唇の色を悪くするNG習慣とは?

唇の色を悪くするNG習慣とは?

唇の血色が悪かったり、唇の輪郭が黒ずんで見えたりするという方は、何気ない日常の中で唇へのダメージを与えている可能性があります。
毎日のスキンケアや、良いと思って行っていた習慣が実はかえって唇の色を暗くしてしまっているのです。さっそく、具体的なNG習慣を4つ見ていきましょう。

1. ゴシゴシこすってしまう
食事のあとなどに口をゴシゴシとこすってしまうという習慣がある方は要注意。
唇周辺の皮膚は薄いので、強くこすってしまうとその摩擦によって色素沈着が起こり、唇全体がくすみやすくなってしまいます。
食後などに口の周りの汚れが気になる場合には、柔らかいハンカチやティッシュでサッと軽く拭き取る程度に留めたり、こまめに洗うようにするのが良いでしょう。

2. 唇のクレンジングが不十分
女性にとってリップメイクは毎日欠かせないものですが、口紅を塗ったあとにきちんと唇のクレンジングを行っているでしょうか。
唇のクレンジングが不十分だと、油分や口紅の成分が残ってしまい、ダメージや乾燥を引き起こしてしまいます。
とくに最近では「落ちにくい口紅」も増えているため、きちんとクレンジングをすることが大切です。

3. 紫外線対策が不十分
肌のほかの部位と同じように、唇にも紫外線のダメージは及んでしまうものです。
唇も日差しの影響を受けて日焼けしてしまいやすい部位なので、きちんと紫外線対策をする必要があります。
UVカット効果のある口紅を使ったり、帽子や日傘などを取り入れたりして唇を紫外線の刺激から守りましょう。

4. リップクリームの使いすぎ
唇のカサカサを防止するためにリップクリームを24時間手放せないという方も少なくないと思います。
しかし、リップクリームをつけたまま寝てしまうと、リップクリームの成分が唇にダメージを与えてしまいます。

また、こまめにリップクリームを塗り過ぎているという方も要注意です。
本来リップクリームは唇を保護してくれるケアアイテムですが、あまりに多く塗り過ぎてしまうと、その際の摩擦がかえって唇にダメージを与えてしまいます。
塗る回数は1日に5回程度を目安にして、横ではなく唇のシワにそって縦方向に塗るようにしましょう。

唇は他のハーツよりも早い頻度でターンオーバーを繰り返すので、唇のダメージを招くNG習慣を避けてきちんとケアをすれば、くすみも改善しやすくなります。
ツヤのあるキレイな唇をキープして、パッと明るい魅力的な口元を目指しましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら