5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

空気の乾燥が乾燥? 冬の赤み肌が起きる原因と改善対策

空気の乾燥が乾燥? 冬の赤み肌が起きる原因と改善対策

空気の乾燥が乾燥? 冬の赤み肌が起きる原因と改善対策

冬は空気が乾燥し、お肌のコンディションが不安定になりがちですが、冷たい空気に触れてから暖かい室内に入ったときに、頬の肌に赤みが出てしまうことはありませんか?
この状態は、いわゆる冬の「赤ら顔」と呼ばれるものですが、赤く染まってしまった頬を人から指摘されたり、お顔が火照ったままの状態がなかなか治らないと、人からの目線が気になってしまいますよね。

そこで今回は、敏感肌の女性に多い冬の赤ら顔が起こる原因やメカニズム、予防方法や実際に赤くなってしまった顔色を早めに治す改善方法などについて、詳しくご紹介していきます。

冬に「赤ら顔」が起きる原因

冬に冷たい場所から暖かい場所に移ったときに起きる「赤ら顔」は、急激に顔面に血液が増え、拡大した毛細血管の赤味が皮膚の表面から透けて見えることが原因です。
人間の体には無数の毛細血管が張り巡らされ、常に体の隅々まで血液を運び、細胞に酸素と影響を供給しながら、体温を一定に保っています。

血管は寒い場所では収縮して血液が流れにくくなり、暖かい場所では拡張し血液が流れやすくなるのですが、冬に寒い場所から暖かい場所に入ることで、空気にさらされている顔面の血管が一気に拡張し、 大量の血液が顔に集まってしまうのです。

こういった急激な血管の変化を防ぐためには、血管の拡張を促進させる唐辛子やコショウなどの香辛料の摂取はできるだけ控えることが大切です。
また、顔面に極端な寒暖差を与えないように、寒い場所ではマフラーなどの防寒具を活用することも有効です。

さらに、冬は空気の乾燥のために、肌のうるおいに欠かせないセラミドが水分量を保てなくなり、皮膚表面の角質が剥がれて表皮が薄くなり、皮膚下の血管がより透けやすい傾向があります。
赤ら顔を悪化させるお肌の乾燥を防ぐためにも、冬は普段以上にお肌の保湿ケアを心掛けてくださいね。

起きてしまった冬の「赤ら顔」を改善する方法

起きてしまった冬の「赤ら顔」を改善する方法

どんなに気を付けていても、冬の気候と体の生体メカニズムのために起こってしまうのが冬の赤ら顔。
実際に顔に赤みが出てしまったときには、なるべく早く通常時の状態に戻すための改善方法を試しましょう。

冷たい場所から暖かい場所に移って顔がムズムズとし、「顔が赤くなるかも!」と感じたら、両手で頬を包んで、顔面に急激な温度変化が起きるのを防ぎましょう。
わずかな時間でも手の平で頬を温めることで、急激な毛細血管の拡張が抑制され、頬がひどい赤味を帯びることを防ぐことができます。

すでに顔に赤みが出てしまった場合には、「行間」というツボを押すのが効果的です。
行間は足の親指と人差し指の間の、水かき部分の中央にあるツボ。
行間を親指で5秒間軽く押して、2秒ほど力を緩めることを1セットとして、しばらく繰り返していると、顔の赤みが軽減されますよ。

また、行間のツボ押しは朝晩の2回を目安に日常的に行っておくと、赤ら顔を予防する効果もあります。
赤みにくい顔を作るためにも、普段から取り入れましょう。

メイクをしていてもうっすらと赤くなって目立ってしまう赤ら顔は、女性にとってどうしても気になってしまうものです。
普段のスキンケアや解消方法を徹底して、赤ら顔体質を改善していきましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら