5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

油断大敵! 冬こそ紫外線ケアが重要な理由とケアポイント

油断大敵! 冬こそ紫外線ケアが重要な理由とケアポイント

油断大敵! 冬こそ紫外線ケアが重要な理由とケアポイント

こんがりと日に焼けた小麦肌の健康的な女性も素敵ですが、やはり透明感あふれる白肌の女性は上品で可憐なイメージがあり憧れてしまいますよね。
肌の白さをキープするためには、日中の紫外線対策がとても大切ですが、意外と見落としなのが冬場の紫外線対策です。

まだまだ「紫外線=夏の日焼け」と考える方は多く、冬の紫外線対策は怠ってしまいがちですが、雪のような透明感のある素肌を手に入れるためには、冬であっても念入りな紫外線対策が欠かせないのです。
そこで今回は、大事なお肌のためにも知っておきたい、冬の紫外線ケアの重要性や、冬の紫外線対策のポイントなどについて、詳しくご紹介していきます。

冬にも紫外線ケアが必要な理由って?

お肌の表皮細胞を傷付けて深刻なダメージを与える紫外線は、空からサンサンと降り注ぐ太陽の光に含まれています。
私たちは経験的に「紫外線は夏に強く降り注ぐもので、冬には少なくなって被害も弱い」と思い込んでいますが、実は冬の紫外線もお肌にとって大敵なのです。

紫外線には波長の長い「UVA波」と波長の短い「UVB波」の2種類があり、この2つはどちらもお肌に悪影響を及ぼします。
この2つの紫外線のうち、肌が赤くなるような急激な日焼けをもたらすのは波長の短いUVB波で、これが降り注ぐ量は夏のピーク時に比べると冬は1/4程度にまで減少します。
そのため、冬はとくに紫外線対策をしなくても日焼けをすることはあまりありません。

しかし、波長の長いUVA波は冬だからといって大きく減少することはなく、冬の日差しには夏の最盛期の80%ものUVA波が含まれています。
最近の研究では、UVA波こそがお肌の表面にメラニンを増やし、さらには表皮の奥の真皮層にある弾力繊維にダメージを与え、シミやシワなどの原因を作る危険性が極めて高いものだということが分かってきました。

つまり、日射しが弱まったことに油断をして紫外線対策をしていないと、あっという間にお肌がカサカサ、ボロボロになってシミやシワだらけの老け顔になってしまうのです。

シミやシワを防ぐためには、冬の間であってもしっかりと紫外線対策を行うことが大切です。

冬の紫外線対策のポイント

冬の紫外線対策のポイント

冬でも顔やお肌が露出する部分には、欠かさず日焼け止めを塗りましょう。
晴れた日の外出の際にはもちろん、UVA波は雲やガラスなどを通過しやすいといった特性がありますので、曇りの日や雪の日、室内の窓辺で過ごすときも、日焼け止めでお肌を守って下さいね。

とはいえ、強い日焼け止めは肌を傷めるリスクもあるので、冬の間に使う日焼け止めは、夏ほどSPF値やPA値が高いものではなくてもOK。
その一方で、紫外線は雪面で80~90%も反射率が高くなるので、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツをするときにはSPF値やPA値の高い日焼け止めを使いましょう。
あわせてサングラスや帽子なども併用して、しっかりと日焼け止め対策をしてくださいね。

冬は夏とは違い、TPOで日焼け止めを使い分けて、お肌を労わることが大切です。
あわせて冬は空気が乾燥しやすいので、お肌の保湿と健康的なお肌の状態をキープするスキンケアを行うことも忘れてはいけません。
保湿と日焼け予防のダブルケアを心掛けて、冬の紫外線のダメージをしっかり防いでいきましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら