5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

生理中に肌荒れが起こってしまう「原因」と「スキンケア方法」

生理中に肌荒れが起こってしまう「原因」と「スキンケア方法」

「生理中や生理前になると肌が荒れてしまう……」という悩みを抱える女性は意外と多いもの。
生理中の女性はホルモンバランスの乱れなどから、肌が非常にデリケートな状態になってしまいます。

生理中に肌荒れが起こってしまう理由と、気をつけたいスキンケアのポイントについて紹介していきます。

生理中に肌荒れが起こる原因とは?

生理中に肌が荒れやすくなってしまうのは、「女性ホルモン」のバランスによるもの。
女性の肌は女性ホルモンの影響を強く受けるため、生理中にホルモンバランスが崩れることにより肌が普段よりも敏感になってしまうのです。

肌の調子を左右する女性ホルモンは「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる2種類があります。
生理後から排卵までの間に分泌量が増える「エストロゲン」は、肌や髪を美しく保ち女性らしい体のラインを作る働きがあります。
一方「プロゲステロン」は妊娠の準備を整えるための女性ホルモン。
このプロゲステロンは妊娠のために必要不可欠なホルモンですが、分泌が活発化すると皮脂量が多くなり肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

さらに「プロゲステロン」分泌量が増加すると、紫外線などの外的刺激から肌を守る「抗菌ペプチド」が減少してしまうため、肌のバリア機能が衰え肌は傷つきやすく乾燥しやすい状態に。

そして排卵後は肌を美しく保つ「エストロゲン」が減少し、肌荒れを引き起こす「プロゲステロン」の分泌量が増えるため、生理前から生理中にかけて肌荒れが起こりやすくなってしまうのです。

生理前から生理中に気をつけたいスキンケアのポイント

生理中に肌荒れが起こってしまう「原因」と「スキンケア方法」

生理中の肌荒れを予防するためには、女性ホルモンのバランスを整えることが大切。
生理前から生理中は特に「睡眠をしっかり取る」「栄養バランスのとれた食事を習慣付ける」など生活の基盤を見直すよう心がけましょう。

また肌が敏感になっている生理中は、肌の「スキンケア方法」に気をつけるのも非常に重要なポイント。
皮脂が気になる場合でも過剰な洗顔はせず、1日朝と夜の2回、よく泡立てた洗顔料で優しく丁寧に洗顔を行いましょう。
洗顔料は洗浄力がマイルドなものがオススメです。
洗顔料が残ってしまうと肌に負担がかかり肌荒れの原因になるので、すすぎは洗いよりも時間をかけてしっかり行ってくださいね。

洗顔が終わった後の肌は乾燥しやすいため、すぐに保湿を行うのが◎
自分の肌に合った、使い慣れたスキンケアアイテムを使ってきちんと保湿していきましょう。

また生理前から生理中はお肌のバリア機能が低下しています。
紫外線対策をしっかり行うことも大切です。
低刺激な日焼け止めを使うのはもちろん、日よけ帽子やサングラス・日傘などを併用してUVケアを行っていきましょう。

女性にとっては辛い生理中の肌荒れですが、生活習慣の見直しを行い、丁寧に肌を労わるスキンケアを続けていれば肌を守ることができますよ。
正しいケアを行って、生理中にも美しい肌状態をキープしていきましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら