5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

同じブツブツでも違う! 角栓の3つの種類と改善方法

同じブツブツでも違う! 角栓の3つの種類と改善方法

鏡を見ると毛穴が詰まっていたり、手で触るとザラザラしていたりということはありませんか?この原因は「角栓」です。

角栓の原因は毛穴の詰まりですが、いろいろな種類があるためそれぞれの角栓に合った適切なケアが必要です。
そこで今回は、角栓の種類と改善方法を紹介します。

1. 白い角栓

白い角栓は皮脂腺から出ている皮脂が固まって、毛穴の出口に栓をしてしまった状態です。
皮脂の分泌が多い、額から鼻にかけてTゾーンにできやすいという特徴があります。
外に出ることができなかった皮脂が毛穴の中で固まってしまうので、皮脂の表面が盛り上がりザラつきを感じます。

この白い角栓は「肌の汚れ」と「肌の乾燥」が原因です。
乾燥すると肌が危険を感じ、自らを守るために皮脂腺から皮脂を分泌させます。
そのため毛穴が詰まりやすくなり、白い角栓を作ってしまうのです。

またお肌に汚れが残っていると、皮脂と汚れが混ざり合い毛穴を詰まらせてしまうため、白い角栓ができてしまいます。
白い角栓を改善するには、正しいスキンケアを行うということが必要です。

洗顔で汚れを綺麗に取り除き、保湿ケアを行いましょう。

2. 黒い角栓

黒い角栓は、白い角栓が空気に触れて酸化した状態です。
黒くブツブツして見えるため、目立ちやすくなってしまいます。
黒い角栓を放置していると、徐々に大きくなって毛穴を広げてしまうので、早めに対処することが大切です。
この黒い角栓を改善するには、普段のスキンケアに合わせて「特別なケア」を行いましょう。

まず、蒸しタオルを角栓の気になるところに置いて、毛穴を開かせます。
毛穴を開かせることで、毛穴の奥の汚れまで落としやすくなるのです。

毛穴がひらいたところで「オイル」を使って、マッサージを行っていきましょう。
オイルを少量手にとり、毛穴の気になる部分に馴染ませて、汚れを浮かせてからマッサージを行います。
そのあとはいつも通りの洗顔をしてください。

ここで大切なのは、開いた毛穴を開きっぱなしにしないことです。
特別な角栓ケアのあとは「コットンパック」や「シートマスク」を使って特別なスキンケアを行いましょう。

3. 微細コメド(角栓)

同じブツブツでも違う! 角栓の3つの種類と改善方法

微細コメド(角栓)とは皮膚の内部で発生し、まだ表面に出てきていない直径1mm以下のとても小さい角栓です。
一見しただけでは見た目には分かりませんが、徐々に大きくなって毛穴を詰まらせるため、白い角栓やニキビになる可能性があるため注意が必要です。

予防法としては、白い角栓と同様に基本的なスキンケアと生活習慣を見直しましょう。
「バランスのとれた食事」「十分な睡眠」「ストレス解消」「適度な運動」など生活習慣を見直すことで、改善することができます。

角栓にはいろいろな種類がありますが、どの角栓も間違ったスキンケアや生活習慣の乱れが原因となることが多くあります。
今回紹介した改善方法を実践して、角栓レスのツルツルな肌を手に入れてくださいね。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら