5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

その肌荒れ、花粉症皮膚炎かも? 症状を抑えるケア方法とは

その肌荒れ、花粉症皮膚炎かも? 症状を抑えるケア方法とは

その肌荒れ、花粉症皮膚炎かも? 症状を抑えるケア方法とは

「花粉が飛び交うシーズンは必ず肌が荒れる……」といったお悩みを抱えていませんか?
 もしかしたらその症状は、花粉症皮膚炎かもしれません。花粉が原因の肌トラブルの場合、適切な対策をすることでつらい症状を和らげることができます。今回は、花粉症皮膚炎の症状や発生のメカニズムを、予防に効果的なケア方法と一緒に見ていきましょう。

花粉症皮膚炎とは

花粉症の症状というと、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが代表的ですよね。しかし、人によっては肌にも症状が現れることがあり、それを花粉症皮膚炎といいます。
主な症状は、かゆみ、乾燥、かぶれ、ヒリヒリ感、湿疹など。比較的皮膚が薄くて露出している顔や首の肌に現れることが多く、かきむしることで悪化しやすくなります。

花粉症皮膚炎の原因・メカニズム

花粉症皮膚炎の根本的原因は花粉ですが、肌が健康な状態であれば、花粉が付着してもそれほど強い症状は現れません。一方、何らかの原因で肌のバリア機能が低下していると、花粉が刺激となり、かゆみなどを引き起こしてしまいます。
肌のバリア機能が低下する原因には、乾燥、摩擦、ストレス、睡眠不足などが考えられます。花粉症皮膚炎を防ぐためには、スキンケアや生活習慣からの対策も必要です。

花粉症皮膚炎を防ぐケア方法

肌の保湿を徹底する

肌が乾燥するとバリア機能が弱まり、花粉の影響を受けやすくなります。普段から肌の保湿を徹底的におこない、うるおった状態を保ちましょう。ヒアルロン酸やコラーゲン、プロテオグリカンなど、高保湿成分が配合されたスキンケアアイテムを使うと効果的です。

肌への摩擦を減らす

肌をゴシゴシとこすると、バリア機能を保っている角質が傷つき、刺激に弱い肌になってしまいます。洗顔はたっぷりの泡で肌をこすらず洗う、保湿はハンドプレスでやさしくおこなうなど、摩擦を最小限に抑えるケアを心がけましょう。オールインワンタイプのスキンケアアイテムを使うと、化粧品を何種類も重ねづけする必要がないため、摩擦の軽減につながりますよ。

花粉を肌に付着させない

花粉症皮膚炎の根本的原因は花粉ですから、肌への付着をできるだけ減らすことも大切です。外出時にはマスク、メガネ、ストールなどで肌の露出を減らし、花粉の付着を防ぎましょう。
また、髪の毛や服にもたくさんの花粉が付着します。そのまま家に持ち込むと症状が悪化しやすくなるので、帰宅前にはブラシなどで花粉を払うことをおすすめします。

十分な睡眠と休息をとる

睡眠不足やストレスは、体だけでなく肌の免疫力も低下させます。花粉に負けない強い肌を作るために、日頃から十分な睡眠と休息を心がけましょう。朝には太陽の光を浴び、夜にはぬるめのお湯でじっくり入浴すると、自律神経が整ってストレスが緩和されやすくなるうえに、睡眠の質もアップしますよ。

腸内環境を改善する

腸内環境が悪化すると免疫機能が低下し、肌トラブルを起こしやすくなります。ヨーグルトや納豆などの発酵食品や、食物繊維を意識的に摂って、腸内環境を整えましょう。

その肌荒れ、花粉症皮膚炎かも? 症状を抑えるケア方法とは

花粉症皮膚炎を防ぐためには、スキンケアとインナーケアの両方を見直すことが大切です。健康な肌を作るとともに、体内環境も整えて、花粉が飛び交うシーズンも穏やかに過ごしていきましょう。

RAS A.I.33 (33g)

RAS A.I.33 (33g)
A.I.33はオールインワンパッククリーム!様々なスキンケア化粧品を使わなくてもこれ1つでOK!手間を節約、お財布にも嬉しい新世代の高機能パック。
詳しい商品情報はこちら



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら