5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

冬の肌はクレンジングで変わる。うるおいを守る7つのポイント

冬の肌はクレンジングで変わる。うるおいを守る7つのポイント

冬の肌はクレンジングで変わる。うるおいを守る7つのポイント

メイクをしている女性にとって、クレンジングは毎日のスキンケアの1ステップです。しかし、寒い冬は熱いお湯を使ったり、早く落とそうとしたりと、間違ったクレンジングをおこないがち。それでは、敏感な冬の肌を傷つけて、さまざまなトラブルを招いてしまいます。乾燥が厳しい冬だからこそ、肌に負担をかけない正しいクレンジング方法をマスターしましょう。

冬におこなうべき正しいクレンジングのポイント

ポイントメイクは専用のリムーバーで落としておく

目元や口元のポイントメイクをベースメイク用のクレンジング剤で落とそうとすると、どうしても時間がかかって肌への負担が増えてしまいます。まずは専用のリムーバーを使って、丁寧に落としておきましょう。

クレンジング前に顔を温める

肌が冷えたままだとベースメイクや皮脂が固まって、落としにくくなります。クレンジング前に温かい蒸しタオルを顔に当てて、汚れをゆるめておきましょう。蒸しタオルは、濡らして絞ったタオルを600Wの電子レンジで30秒程度温めれば、簡単に作ることができます。温度が適切なことを確認してから、顔に乗せるようにしてくださいね。

ミルク・クリームタイプのクレンジング剤に変える

デリケートな冬の肌をいたわるためには、クレンジング剤の種類にもこだわることが大切です。オイルタイプは洗浄力が高いものの、肌のうるおいまで奪ってしまう可能性があるため、冬はおすすめできません。肌が乾燥しがちなら、保湿力のあるミルクタイプもしくはクリームタイプのクレンジング剤を選ぶようにしましょう。W洗顔不要タイプなら、洗顔での乾燥のリスクを防げるため、さらに効果的ですよ。

クレンジング剤は手のひらで温めてから使う

クレンジング剤を手にとって、すぐに肌に乗せていませんか? 気温が低い冬はクレンジング剤も冷えていますから、そのまま顔に乗せると毛穴が縮こまってしまいます。まずは手のひらにとり、指でくるくるとかき混ぜることがポイント。人肌程度に温まったら、顔に乗せてなじませてくださいね。

なじませる時間は顔全体で1分以内に

クレンジング剤を顔に長い時間乗せていると、肌本来の保湿成分まで流出してしまいます。そのままマッサージをするなんて、もってのほか。皮脂や保湿成分が根こそぎ奪われて、さらなる乾燥を招く可能性があります。クレンジング剤を顔に乗せたら、1分以内になじませ終わるようにしましょう。

急いでいても摩擦は禁物!

1分以内になじませることが理想とはいえ、急いでしまうのはNGです。あくまでもゆっくり、すみずみまで優しく丁寧になじませることがポイント。肌に塗るのではなく、肌表面のメイクを溶かすようなイメージで指を動かしましょう。

ぬるま湯ですすぐ

顔全体のメイクにクレンジング剤がなじんだら、ぬるま湯ですすぎ流します。お湯の温度は32~35℃が適切です。たとえ寒くても、熱いお湯は使わないようにしてくださいね。 メイクがキレイに落とせたら、クレンジングは完了です。時間をおかずにすぐに保湿し、水分を逃さないようにしましょう。

冬の肌はクレンジングで変わる。うるおいを守る7つのポイント

正しいクレンジングで冬もしっとり肌に

肌の乾燥が気になると、保湿方法ばかり見直しがちですよね。しかし、冬の乾燥トラブルをしっかり防ぐためには、クレンジング方法も見直すことが大切です。小さなことから改善して、みずみずしい肌をキープしていきましょう。

RAS A.I.33 (33g)

RAS A.I.33 (33g)
A.I.33はオールインワンパッククリーム!様々なスキンケア化粧品を使わなくてもこれ1つでOK!手間を節約、お財布にも嬉しい新世代の高機能パック。
詳しい商品情報はこちら



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら