5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

丸顔だとほうれい線が目立ちやすい? 意外な原因と対策方法

丸顔だとほうれい線が目立ちやすい? 意外な原因と対策方法

丸顔だとほうれい線が目立ちやすい? 意外な原因と対策方法

ほうれい線は加齢とともに現れるものですが、人によってほうれい線ができやすいタイプ、できにくいタイプと分かれますよね。この違いには、顔の形も大きく影響しています。実は丸顔だと、ほうれい線が目立ちやすいといわれているのです。その理由を、丸顔さんに効果的なほうれい線対策とあわせてご紹介します。

丸顔だとほうれい線が目立ちやすい理由とは

丸顔といってもさまざまなタイプがあり、骨格の影響で顔が丸く見える場合は、ほうれい線が必ず目立つというわけではありません。対して、頬に脂肪がついて丸顔になっているタイプは、ほうれい線が目立ちやすい傾向にあります。
なぜならほうれい線は、頬のたるみによって生じるため。頬に脂肪がついていると、その重みで頬が垂れ下がり、口元との境目であるほうれい線が目立ちやすくなるのです。 実際に頬を触ってみて、ぷよぷよと柔らかく厚みが感じられる場合は注意が必要です。頬に溜まった脂肪で、ほうれい線が深くなりやすいタイプだと考えられるでしょう。

丸顔さんにおすすめ! 頬の脂肪×ほうれい線の対策方法

以上のように、ほうれい線には頬の脂肪が関係しています。ここからは、そんな脂肪にアプローチする対策方法を見ていきましょう。

エクササイズで頬の筋肉を鍛える

頬の筋肉が衰えると、代謝が低下して脂肪が蓄積しやすくなります。以下のようなエクササイズをおこなって、普段動かさない表情筋をしっかり鍛えましょう。頬を引き締めるためには、毎日コツコツ続けることが大切です。

■頬の筋肉を鍛えるフェイスエクササイズ
① 口を「いー」の形にしながら口角を引き上げて、5秒キープする
② 口を「うー」の形にしながら唇を前に突き出して、5秒キープする
③ ①と②を交互に3~5回くり返す

マッサージで血液やリンパの流れを促す

血液やリンパの流れが悪くなると、脂肪だけでなく水分まで溜まって頬がたるみやすくなります。そんな老廃物の排出には、マッサージが効果的です。血行が良くなっているお風呂上がりなどに実践して、スッキリとした頬を目指しましょう。朝のメイク前に取り入れれば、気になるむくみも解消できますよ。

■リンパマッサージのやり方
① 鎖骨の上のくぼみに親指以外の指を当てて3回ほどプッシュする
② 耳たぶを挟んで前後に5回ずつ回す
③ 頬にこぶしを当てて、顔の内側から外側に向かって揉みほぐす
④ 手のひらを耳の前→耳の下→首筋→鎖骨に向かって滑らせる
⑤ 最後に再び鎖骨をプッシュする

よく噛んで食べる

よく噛んで食べると顔全体の筋肉が刺激され、頬に脂肪を溜め込みにくくなります。また、噛む回数が増えれば満腹中枢が刺激されやすくなるため、食べすぎ防止にもつながります。「脂肪を溜め込みやすい」と感じている方は、食事のときにできるだけ噛むことを意識してみましょう。

丸顔さんにおすすめ! 頬の脂肪×ほうれい線の対策方法

ほうれい線の原因は加齢だけだと思われがちですが、実は脂肪も関わっています。しかし、顔に脂肪がつきやすい丸顔さんでも諦める必要はありません。エクササイズやマッサージなど、できることから始めて、ほうれい線の目立たない若々しい顔を保っていきましょう!

RAS A.I.33 (33g)

RAS A.I.33 (33g)
A.I.33はオールインワンパッククリーム!様々なスキンケア化粧品を使わなくてもこれ1つでOK!手間を節約、お財布にも嬉しい新世代の高機能パック。
詳しい商品情報はこちら



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら