5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

洗顔料でシワ対策!? 乾燥肌を悪化させない選び方

洗顔料でシワ対策!? 乾燥肌を悪化させない選び方

洗顔料でシワ対策!? 乾燥肌を悪化させない選び方

肌の乾燥はシワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルの原因になります。
そんな肌トラブルを防ぐために、化粧品でしっかり保湿をしている方も多いことでしょう。
しかし、乾燥肌を根本的に解決するためには、洗顔料の見直しも重要です。
今回は、意外と知られていない乾燥肌と洗顔料の関係を、うるおいを守るために気をつけたい洗顔料の選び方とあわせてご紹介します。

乾燥肌と洗顔料の関係とは

洗浄力の強い洗顔料は乾燥肌の原因に

洗顔料にはさまざまな種類がありますが、中でも注意が必要なのは、洗浄力が強いタイプです。
皮脂の分泌が活発な男性やオイリー肌の方には、洗浄力に優れた洗顔料が適しています。
しかし、もともと肌が乾燥しがちな方が使うと、皮脂が必要以上に奪われ、肌トラブルが悪化してしまうのです。

乾燥が悪化するとシワが現れやすくなる

肌質に合っていない洗顔料で乾燥が悪化すると、保湿をしてもすぐに水分が蒸発してしまい、さまざまな肌トラブルを起こしやすくなります。
中でも代表的なのが、シワです。表皮の水分量が足りなくなると角質が収縮し、細かなシワができてしまうのです。
目元や口元に現れることの多いちりめんジワも、乾燥が主な原因です。小ジワに悩んでいる方は、洗顔料から見直してみましょう。

乾燥肌をいたわる洗顔料の選び方

乾燥肌をいたわる洗顔料の選び方

保湿力のある洗顔料を選ぶ

洗浄力は強すぎても弱すぎても、肌トラブルの原因になってしまいます。
大切なのは洗浄力が適切で、なおかつ保湿力のある洗顔料を選ぶこと。
パッケージなどに「乾燥肌・敏感肌向け」と表示されている洗顔料がおすすめです。

ジェルやリキッドタイプには注意を

洗顔料には、ジェル、リキッド、石けん、フォームなど、さまざまな種類があります。
もちろん商品によっても違いはありますが、ジェルタイプやリキッドタイプは比較的洗浄力が強いものが多いので、注意が必要です。
肌の乾燥が気になるなら、石けんタイプ、もしくはフォームタイプを選ぶことをおすすめします。

余計なものが含まれていない洗顔料を選ぶ

アルコールやパラベンなどの添加物は、肌に刺激を与えることがあります。
たとえ洗い流す洗顔料でも、できるだけ添加物が少ないものを選ぶようにしましょう。
特にバリア機能が低下しがちな乾燥肌や敏感肌の方は、アルコールフリー・防腐剤フリー・無着色・無香料の無添加タイプを選ぶと安心です。

泡立ちが良い洗顔料を選ぶ

顔を洗うときは、洗顔料をしっかり泡立てる必要があります。これは、洗顔料の泡をクッションにすることで、肌を傷つけずに優しく洗うことができるため。
つまり、できるだけ泡立ちが良い洗顔料を選ぶことも、大切な肌を守ることにつながります。
スカスカの泡だとクッションにならないので、濃密な泡が作れる洗顔料を選びましょう。

乾燥肌対策というと保湿ケアばかり重視してしまいがちですが、洗顔料によるダメージも見逃してはいけません。
保湿力に優れた洗顔料を選んで、乾燥による肌トラブルを引き寄せない、うるおいに満ちた肌をキープしましょう。

RAS A.I.6 ピュアソープ 100g

RAS A.I.6 ピュアソープ 100g
A.I.6は、職人が70日間かけてゆっくり熟成。特殊製法で限りなく不純物を除去し、お肌にやさしく保湿力のある洗いあがりをお届けします。乾燥肌・敏感肌の方にもオススメです。
詳しい商品情報はこちら



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら