5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

夏だけ脂性肌になるのはなぜ? 意外な理由と改善方法とは

夏だけ脂性肌になるのはなぜ? 意外な理由と改善方法とは

夏だけ脂性肌になるのはなぜ? 意外な理由と改善方法とは

冬や春は肌が乾燥するのに、夏だけなぜか脂性肌になってしまう……。このような悩みを抱えている方は少なくありません。
皮脂によるテカリやベタつきが頻発すると、夏のお出かけも憂鬱になってしまいますよね。
なぜ夏だけ脂性肌に傾いてしまうのか、対策方法と一緒に探ってみましょう。

夏だけ脂性肌になる理由は?

温まった皮脂が流れ出やすくなるため

皮脂は油ですから、高い温度で柔らかくなる性質を持っています。
夏場は気温が高く、皮膚の温度も上昇します。この温度の変化によって毛穴から皮脂が流出し、テカリやベタつきを感じるようになるのです。

冷房や紫外線などによる乾燥の影響

実は夏の脂性肌には、肌の乾燥も大きく関係しています。
夏場は湿度が高いものの、室内は冷房の影響で意外と乾燥しています。
しかし夏は肌のベタつきが気になって、ついつい保湿ケアをおろそかにしてしまうもの。
冷房+保湿ケア不足で肌が乾燥すると、水分の蒸発を防ぐためにかえって皮脂が多く分泌され、テカリやベタつきを招いてしまうのです。
また、夏は紫外線が強いですよね。この紫外線も皮膚の乾燥を引き起こすため、皮脂が過剰に分泌される原因になります。

夏の脂性肌を防ぐ対策方法

乾燥肌を悪化させるお風呂の入り方④:入浴後に保湿しない・保湿が遅い

夏でも保湿ケアをしっかりと

すでにお伝えしたように肌の乾燥は脂性肌の一因になりますから、予防のためには保湿が必要です。
ベタつきが気になる部分にも、保湿成分のEGFやプロテオグリカンが配合された化粧品を使って、うるおいを逃さないようにしましょう。
冷房による乾燥を感じたときは、メイクの上からでも使えるミスト(スプレータイプの化粧水)がおすすめです。
日中もこまめに保湿することで、乾燥が原因の脂性肌を防ぐことができますよ。

日焼け止めによる乾燥にも注意を

紫外線による乾燥ダメージを防ぐためには、日焼け止めによるUVケアが欠かせません。
しかし、日焼け止め自体にも肌を乾燥させる作用があるので注意が必要です。
オールインワンパッククリームなどでしっかり保湿し、肌がしっとりしてから日焼け止めを塗るようにしましょう。

汗はこまめに拭き取る

夏は汗をたくさんかきますが、その汗が蒸発するときには肌の水分まで奪われる過乾燥という現象が起きます。
汗をかいたあとはそのまま放置せず、こまめに拭き取って過乾燥を防ぎましょう。
ただし凸凹としたタオルでゴシゴシこすると、肌を傷つけてしまいます。
清潔なハンカチやティッシュで、ポンポンと優しく押さえることがポイントです。

冷房や扇風機の使い方を工夫する

暑いからといって、冷房や扇風機の風を体に直接当てていませんか?
風を直接受けると肌の水分が蒸発し、乾燥が進んでしまいます。
室内を快適な温度に整えたいなら、冷房の風向きは水平に、扇風機は天井に向けましょう。
空気が循環すれば、直接風を受けなくても涼しく過ごすことができますよ。

今回は、夏の脂性肌の原因や対策方法についてご紹介しました。
肌の乾燥が脂性肌の一因になるなんて、ちょっと意外ですよね。暑い夏でも保湿ケアを正しく続けて、ベタつきのない快適肌に整えていきましょう。

RAS A.I.33 (33g)

RAS A.I.33 (33g)
A.I.33はオールインワンパッククリーム!様々なスキンケア化粧品を使わなくてもこれ1つでOK!手間を節約、お財布にも嬉しい新世代の高機能パック。
詳しい商品情報はこちら



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら