5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

「たるみ毛穴」ってどんな状態? 見た目の特徴&予防方法

「たるみ毛穴」ってどんな状態? 見た目の特徴&予防方法

「たるみ毛穴」ってどんな状態? 見た目の特徴&予防方法

毛穴のトラブルには、黒ずみや角栓などさまざまな種類があります。その中で、加齢とともに目立つようになるのが「たるみ毛穴」です。
たるみ毛穴とはどのような状態のことを指すのか、原因やケア方法とあわせて確認してみましょう。
「最近毛穴が目立ってきたけど、これもたるみ毛穴……?」と不安を感じている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

たるみ毛穴とは?

たるみ毛穴とはその名の通り、毛穴がたるんで伸びた状態のこと。
毛穴の出口が楕円形に広がっているのが特徴です。さらにたるみ毛穴は、周りの皮膚を指で軽く持ち上げると目立たなくなります。
鏡で毛穴を見ながら、もともとの形や持ち上げたときの変化をチェックしてみましょう。

たるみ毛穴の原因

皮膚の老化

たるみ毛穴の一番の原因は、皮膚の老化です。加齢や紫外線の影響で肌内部のコラーゲンやエラスチンが減少すると、弾力が低下してたるみが生じます。
それと同時に毛穴も引っ張られ、伸び広がったたるみ毛穴になってしまうのです。

乾燥

皮膚の水分不足も、たるみ毛穴の原因になります。うるおいが低下すると皮膚が縮み、その収縮に引っ張られるように毛穴が広がってしまうのです。
乾燥によるたるみ毛穴は、20代の若い方でも発生する傾向があります。

摩擦

スキンケアの際、肌を強くこすっていませんか? こするようなケアを続けていると、摩擦や圧力で皮膚が引っ張られ、毛穴のたるみを引き起こしてしまいます。
忙しくてスキンケアが乱暴になりがちな人は、摩擦によるたるみ毛穴を引き起こしやすいので注意が必要です。

たるみ毛穴の対策ケア方

たるみ毛穴の対策ケア方

保湿重視のスキンケアを

肌が乾燥すると毛穴が開くうえに、紫外線ダメージを受けやすくなるため、たるみ毛穴がさらに進行してしまいます。
日頃から保湿重視のスキンケアをおこなって、肌の水分量をしっかり保ちましょう。
肌のうるおいを逃さないためには、洗顔料やクレンジング剤を見直すことも大切です。
洗浄力の強すぎるものは避けて、添加物の少ない石けんやクリームタイプのクレンジングを使うことをおすすめします。

肌をこすらない

たるみ毛穴を防ぐためには、肌への摩擦や圧力を減らす工夫も必要です。たとえばスキンケアの際は、化粧品を何種類も重ねるより、オールインワンタイプの化粧品を使ったほうが安心です。
化粧品をつけるときは、たとえやさしく触れているつもりでも、多少は刺激してしまうもの。その回数を減らすことで、たるみ毛穴の予防につながります。
うるおいをしっかり閉じ込めるために、保湿効果の高いオールインワン化粧品を選ぶことがポイントです。

紫外線対策をする

紫外線は肌の奥深くにまでダメージを与えて、たるみ毛穴を進行させます。
日焼け止めを毎日塗るのはもちろんのこと、帽子や日傘などのUVカットグッズを併用して、紫外線による肌老化を防ぎましょう。
日差しを浴びやすい頬やおでこなどの高い部分には、日焼け止めを重ねづけすると効果的です。 たるみ毛穴が進行すると、ファンデーションを塗っても上手く隠せなくなります。
ハリのある毛穴レス肌を目指すために、スキンケア方法を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

RAS A.I.33 (33g)

RAS A.I.01 アルガンオイル 30ml 超高圧熟成 【美容オイル】
お肌に保湿と潤いを与え、乾燥から守る「100%高品質」オーガニックアルガンオイル※オーガニック認証取得
詳しい商品情報はこちら



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら