5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

「お風呂で洗顔」には落とし穴がある!? 気をつけたい3つのポイント

「お風呂で洗顔」には落とし穴がある!? 気をつけたい3つのポイント

「お風呂で洗顔」には落とし穴がある!? 気をつけたい3つのポイント

皆さんは毎日の洗顔をどこで行っていますか?
「朝の洗顔は洗面所、夜の洗顔はお風呂で」という方が多いのではないでしょうか。
しかし、お風呂での洗顔には少し注意が必要です。
入浴中の洗顔は肌に負担をかけやすく、ちょっとしたしたことでカサつきや肌荒れなど、思わぬトラブルを招いてしまうことがあるのです。
お風呂での洗顔にはどのような落とし穴が隠されているのか、肌トラブルを防ぐ洗顔やスキンケア方法とあわせてご紹介します。

「お風呂で洗顔」に隠された落とし穴とは

洗顔後の乾燥が肌トラブルの原因に

「お風呂に入ってからすぐに顔を洗う」という方は、肌の乾燥に注意が必要です。
洗顔したあと、保湿をしないまま浴室に居続けることになりますから、その間に肌の乾燥が進んでしまうのです。
「浴室は湿度が高いから乾燥しない」と思い込んでいる方も多いかもしれませんね。
しかし皮脂が洗い流された後の肌は、どんな状況下でも意外と乾燥するので油断は禁物です。

シャワーの水圧やお湯の温度にも注意を

お風呂の中で顔を洗うとき、シャワーから出るお湯を直接顔に当てていませんか?
シャワーを使うと洗顔料や汚れをサッと落とせますが、実はこれは肌に負担を与えるNG行為です。
シャワーの水圧は思っている以上に強く、顔に直接当てると肌の表面を傷つけてしまうのです。
また、顔を洗うときのお湯の温度にも要注意。
体を洗うときと同じような高い温度に設定していると、顔のうるおいを守る皮脂などの保湿成分が根こそぎ奪われてしまいます。

肌トラブルを防ぐ洗顔&ケア方法

肌トラブルを防ぐ洗顔&ケア方法

お風呂から出る直前に顔を洗う

肌の乾燥を防ぐためには、顔を洗うタイミングに気を配ることが大切です。
お風呂に入ったらまず髪や体を洗い、最後に顔を洗いましょう。
浴室から出る直前に顔を洗うことで、肌に乾燥する隙を与える心配がなくなります。

お風呂上がりはすぐに保湿を

洗顔を終えて浴室から出たら、なるべく時間をおかずに保湿ケアを行いましょう。
肌の表面に保護膜を作ることで、肌の水分の蒸発を最小限に抑えることができます。
しかし、お風呂上がりは何かと忙しく、化粧品を何種類もつけるのが面倒なもの。
1つでしっかり保湿する、オールインワンタイプの保湿ジェルがおすすめです。

手のひらに溜めたぬるま湯で洗う

顔の肌は体の肌よりも薄くてデリケートですから、シャワーのお湯を直接当てるのは禁物です。
顔を洗うときは手のひらにお湯を溜めて、優しく丁寧にかけるようにしましょう。 そして洗顔に使うお湯の温度は、32~35℃に設定することがポイントです。
お風呂では「ちょっと冷たい」と感じるぐらいの温度ですが、肌のうるおいを守るために気をつけてみてくださいね。 洗顔も入浴も、毎日欠かすことのできない大切なルーティンです。
しかしちょっとでも方法を間違えていると、肌に少しずつダメージが蓄積し、カサつきや肌荒れにつながってしまいます。
お風呂での洗顔において重要なのは、顔を洗う順番・シャワーの使い方・お湯の温度の3つに気をつけること。
少しでも肌の調子が悪いと感じているなら、この3つのポイントを見直してみてはいかがでしょうか。
RAS A.I.6 ピュアソープ 100g

RAS A.I.6 ピュアソープ 100g
A.I.6は、職人が70日間かけてゆっくり熟成。特殊製法で限りなく不純物を除去し、お肌にやさしく保湿力のある洗いあがりをお届けします。乾燥肌・敏感肌の方にもオススメです。
詳しい商品情報はこちら



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら