5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

ニキビが潰れた……跡を残さない正しい対処法が知りたい!

ニキビが潰れた……跡を残さない正しい対処法が知りたい!

ニキビが潰れた……跡を残さない正しい対処法が知りたい!

大きく腫れ上がったニキビが、何かの拍子に潰れてしまった……。
ニキビに悩まされたことのある人なら、このようなことを一度は経験しているのではないでしょうか。「ニキビが潰れるとニキビ跡になりやすい」ともいわれていますから、慌ててしまいますよね。
そこで今回は、潰れたニキビに対する正しい処置方法をご紹介します。
潰れたニキビを早く改善したい方、ニキビ跡を作りたくない方、必見です!

潰れたニキビの対処法

■用意するもの

清潔な綿棒(またはコットン)、ニキビ用の塗り薬、サージカルテープ

■手順

1.ニキビから出た脂を拭き取る

まずは潰れたニキビから出ている脂分を拭き取ります。清潔な綿棒(またはコットン)に軽く水を含ませ、患部を優しくぬぐいましょう。
ゴシゴシと拭かず、脂分だけを優しく取り除くことがポイントです。
綿棒やコットンがない場合は、潰れた部分を水でサッと洗ってもOKです。
優しくすすいだら、清潔なティッシュでポンポンと軽くおさえ、水気を拭き取ってくださいね。

2.ニキビ用の塗り薬を塗る

ニキビ用の塗り薬を、清潔な綿棒や指先を使って優しく塗ります。
すり込まず、少量をそっとつける程度で十分です。
この段階で薬をつけておくことで、炎症の悪化を防ぐことができますよ。
薬は皮膚科で処方されるものがベストですが、ない場合はドラッグストアで購入できるものでも構いません。
ニキビが潰れやすい人は、医師や薬剤師に相談し、適切な薬を用意しておきましょう。

3.サージカルテープを貼る

潰れたニキビは、いわばすり傷のようなもの。
そのままむき出しにしていると雑菌が入る恐れがありますから、上から清潔なサージカルテープを貼って守りましょう。

ニキビが潰れた後のケア方法は?

乾燥肌を悪化させるお風呂の入り方④:入浴後に保湿しない・保湿が遅い

かさぶたを剥がさない

ニキビが潰れたあと、出血してかさぶたができることがあります。
かさぶたになると目立ちますが、無理に剥がすと再び出血してしまいます。
そうなると、症状が長引く原因になってしまうことも。自然に剥がれ落ちるまで、できるだけ触らないようにしましょう。

外出時には紫外線対策を

紫外線を浴びると、炎症が悪化してニキビ跡の原因になってしまいます。
まずは紫外線を多く浴びるような場所への外出を控えること。さらに外出する際は日傘や帽子、日焼け止めなどでしっかり保護することが大切です。

マスクの着用は避けて

頬やフェイスラインのニキビが潰れたときは、マスクで隠したくなりますよね。
しかしマスクによる摩擦や蒸れが、ニキビの炎症を悪化させることもあります。
隠したい気持ちはわかりますが、マスクはできるだけ使わないようにしましょう。
どうしてもマスクが必要な場合は、潰れた部分をサージカルテープで保護してから着用することをおすすめします。

今回はニキビが潰れたときの対処法についてご紹介しました。
刺激を与えずに、優しく丁寧に対処することが、炎症の悪化やニキビ跡を防ぐコツです。
ただし、痛みやかゆみなどを伴う場合は、症状が悪化していると考えられるため、早急に皮膚科を受診することをおすすめします。
正しい対処を行って、元のキレイな肌を取り戻しましょう。

RAS A.I.6 ピュアソープ 100g

RAS A.I.6 ピュアソープ 100g
A.I.6は、職人が70日間かけてゆっくり熟成。特殊製法で限りなく不純物を除去し、お肌にやさしく保湿力のある洗いあがりをお届けします。乾燥肌・敏感肌の方にもオススメです。
詳しい商品情報はこちら



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら