5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

シミが出やすい場所はどこ? 事前に知って予防ケア!

シミが出やすい場所はどこ? 事前に知って予防ケア!

シミが出やすい場所はどこ? 事前に知って予防ケア!

皆さんは顔のどの部分にシミができやすいのか、詳しく知っていますか? シミを効率よく防ぐためには、シミが出やすい場所を知り、重点的なケアを行うことが大切です。
いつまでも透明感のあるクリアな素肌を保つために、紫外線の影響を受けやすいパーツと、シミの予防方法を確認しておきましょう。

顔の中でシミが出やすい場所は?

頬は他のパーツより範囲が広いうえに、外側に張り出しています。
紫外線を浴びやすく、シミもできやすい場所といえるでしょう。

特に出っ張っている頬骨の上は、頬の中でもっともシミが出やすい場所ですから、十分なケアが必要です。
また、シミの一種である肝斑も、頬に出やすい傾向があります。
肝斑は女性ホルモンの分泌の変化によって現れ、頬にもやっとした灰褐色のシミをもたらします。
両頬に左右対称のシミが現れたら、肝斑の可能性が高いでしょう。

額は顔の一番上にあるため、紫外線を浴びやすい部分です。

特におでこを露出する髪型をしている人は、シミができやすいでしょう。
日焼け止めを塗っていても汗や皮脂で流れやすいので、注意が必要です。
また、上でお伝えした肝斑も、額に現れることがあります。

目の周り

目の周りは皮膚が薄いため、外部刺激に敏感です。
紫外線が原因のシミだけでなく、炎症や摩擦によるシミもできやすい場所といえるでしょう。
目元を強くこする癖がある人は、炎症性色素沈着が生じやすいので注意が必要です。
なお、肝斑は目の周りに現れることは少ないといわれています。

重点的に行いたいシミケア方法

重点的に行いたいシミケア方法

日焼け止めを厚めに塗る

上でご説明した通り、シミが出やすい場所は比較的顔の高い位置になり、紫外線を浴びやすい部分ばかりです。
なるべく日焼け止めを厚めに塗り、紫外線ダメージを受けないようにしましょう。

また、日焼け止めを2~3時間おきにこまめに塗り直すことも大切です。
外出先などで塗り直しが難しい場合は、UVカット効果のあるパウダーを重ね塗りすると効果的ですよ。

保湿をする

肌が乾燥すると、バリア機能が低下して紫外線の影響を受けやすくなります。
乾燥しやすい目の周りや頬は十分な保湿を行って、シミの予防につなげましょう。
特に目の周りは皮膚が薄く、水分や油分をキープしにくい部分です。
保湿をしてから日焼け止めを塗り、さらにUVカット効果のあるサングラスを用いて、目元に降り注ぐ紫外線をブロックしましょう。

メラニンの生成を抑える化粧品を使う

シミの予防には、メラニンの生成を抑える美白化粧品でのケアも効果的です。
特にシミができやすい頬、額、目の周りには、美白化粧品を重ね塗りするなどの丁寧なケアを行いましょう。
ただし、スキンケア時に肌をこすると、その刺激がシミを招くことがあります。くれぐれも肌に優しく触れるケアを心がけてくださいね。

丁寧なケアで数年先のシミを防ぎましょう

そもそも顔は常に露出しているうえに、体の中で一番高い位置にあるため、紫外線の影響を受けやすいパーツです。
「顔にはシミが出やすい」ということを十分に理解したうえで、予防につながるスキンケアを根気よく続けていきましょう。

RAS A.I.33 (33g)

RAS A.I.33 (33g)
A.I.33はオールインワンパッククリーム!様々なスキンケア化粧品を使わなくてもこれ1つでOK!手間を節約、お財布にも嬉しい新世代の高機能パック。
詳しい商品情報はこちら



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら