5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

知っておきたい! シミの種類と対策方法

知っておきたい! シミの種類と対策方法

いつの時代も女性を悩ませるお肌のシミ。
しかし、シミには様々な種類のものがあり、それぞれ原因や対策方法も違うもの。
効果的なシミ対策を行うためには、正しい知識シミにあった肌ケアの二つが必要不可欠な要素です。

自分のシミの種類をよく知り、シミ対策を取り入れていきましょう。

日光黒子(にっこうこくし)

一般的なシミの代表とも言われる日光黒子。
このシミは別名老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)とも呼ばれ、30代以降に多くなってくる場合が多いです。
しかし一方で、色白の人やアウトドアなどのレジャーを楽しむ機会が多い人は、20代で現れてくることも。
肌に受けた「紫外線のダメージの蓄積が原因で現れ、薄茶色輪郭がはっきりしており形は類円形なのが特徴です。

一度出来てしまうとセルフケアで治すのは難しいとも言われる日光黒子ですが、放っておくと悪化して色が濃くなったり、脂漏性角化症という老人性のイボに進展してしまうことも。
紫外線対策をしっかり行いながら、シミのケアを行っていくのが大切なポイントです。

食事面では活性酸素を排除しメラニン生成を抑制するビタミンC(ピーマンやイチゴなど)やビタミンE(すじこやたらこなど)などを含んだ食品を摂取し、 内側と外側の両面からケアを行っていきましょう。

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

30代〜40代の女性に多く見られ、頬骨鼻の下などにできやすいタイプのシミ。
色はそれほど濃くなく「輪郭がわかりにくい」「左右対称にできる」などの特徴があります。
妊娠やピルの服用を機に発症することがあるため、女性ホルモンが関係しているシミであると考えられています。

加齢とともに症状が改善されたり閉経後に薄くなるケースも多い「肝斑」ですが、紫外線や肌への摩擦刺激により悪化してしまう場合も。

紫外線ケアはもちろん、食事の面ではメラニンケアのためのビタミンCビタミンE、皮膚の健康を守るビタミンH(ビオチン・ビタミンB7とも呼ばれる)も肝斑ケアによく用いられる成分です。
ビタミンHはイワシや鮭・落花生や大豆などに多く含まれているので意識し摂取していくと良いですね。

雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的には「そばかす」と呼ばれているタイプのシミが雀卵斑です。
5〜6歳あたりの時期に鼻から頬にかけて現れることが多く、遺伝的要因が大きいと考えられています。
小さくパラパラとした色素斑が散在するのが特徴で、紫外線によって悪化し色が濃くなってしまうことも。

セルフケアの方法としては徹底した紫外線ケアを行いたいところ。
他のシミと同じくビタミンCやビタミンのEなども積極的に摂取していきましょう。

できてしまったシミのケアは時間がかかるものですが、継続することで「シミの悪化防止」や「新しいシミを防ぐ」効果も得られることが期待できるため、将来のお肌に大きな影響を与えます。
しっかりとシミのケアを行って未来の美肌を作っていきましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら