5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

どんより老け見えの原因に!? 「目袋」の効果的なケアとは

どんより老け見えの原因に!? 「目袋」の効果的なケアとは

どんより老け見えの原因に!? 「目袋」の効果的なケアとは/h2>

鏡を見た時に、「目の下が膨らんで、なんだか暗くどんよりしている……」と感じた経験のある人は多いでしょう。

その原因は、目の下のたるみが原因でできる「目袋」のせいかもしれません。
目袋があると、目元に大きな影ができ、顔が暗く老けた印象になってしまいます。
老け見え防止のためにも、目袋の正体や発生する原因、さらには効果的なケア方法を知って、早めに対策をしましょう!

涙袋とどう違う? 「目袋」のできる原因とは

そもそも、「目袋」とはどのようなものなのでしょうか。
最近よく耳にする「涙袋」と言葉の響きが似ていますよね。涙袋は、目の周りの眼輪筋と呼ばれる筋肉が盛り上がったものです。

対して、目袋は“脂肪がせりだしてきたもの”。
目を支える眼輪筋の周りには、眼窩脂肪という脂肪がついています。
眼輪筋が衰えたり皮膚がたるんだりすると、眼窩脂肪が前にせり出され、目の下にポコッとした目袋ができてしまうというわけです。

目袋を目立たなくさせる、効果的なケア方法3つ

目袋があると、疲れて常に目元にクマができているような暗い印象に見られてしまうことも。
目袋を目立たなくするには、「皮膚のたるみ改善」が大きなポイントです。

さらに、リンパマッサージで血行を良くしたり、眼輪筋のストレッチをしたりすることも有効とされています。
ケアをする際には、この3つを継続して行いましょう。

皮膚のたるみケア

皮膚がたるむと眼窩脂肪が前に出やすくなり、目袋が目立ちやすくなります。
たるみやすくなる主な原因には、“皮膚の乾燥”が挙げられます。
皮膚が乾燥するとハリが失われ、たるみやすくなってしまうのです。
目元のたるみを改善するには、毎日のスキンケアで化粧水をたっぷり付けてお肌にうるおいを与え、アイクリームを使って目元を重点的に保湿するといいでしょう。

リンパマッサージ

リンパの流れに沿って老廃物を流し、目元の血行を促進させると新陳代謝が活発になり、たるみを改善する効果が期待できます。
その結果、目袋を目立ちにくくしてくれますので、毎日のケアに取り入れてみましょう。

目元は皮膚が薄くデリケートなので、強く押さないことがポイント。
マッサージの際は、目元にクリームを塗って、滑りを良くして行います。

1.両手の人差し指から薬指の3本を目尻に当てます。
2.目の下の骨に沿って、目頭まで滑らせます。目頭のくぼみまで来たら、指の腹でやさしく押さえます。
3.今度は目の上側の骨に沿って、目尻までなぞるように、3本の指を滑らせていきます。
4.そのまま耳の後ろへ指を滑らせ、首すじから鎖骨のくぼみのリンパ節へと、順番にマッサージを行いましょう。

眼輪筋のストレッチ

目の周りの眼輪筋を積極的に動かすことで、筋肉が鍛えられます。
眼輪筋が発達すれば、目元のハリがアップし、目袋の原因である眼科脂肪の突出を抑えてくれます。
また、血行改善効果もあるため、クマを目立ちにくくさせることもできるでしょう。

目をギュッと閉じて、5秒間キープしたあと、大きく広げて5秒間キープします。
これを5回ほど繰り返してみましょう。
さらに、目を上下、左右に動かしたり、横へ8の字を描くように動かしたりすると、眼輪筋を鍛えることができます。

早めの対策が肝心! 目袋ケアで生き生きとした目元に

早めの対策が肝心! 目袋ケアで生き生きとした目元に

目袋ができたら、早めにケアを行うことで、深刻化するのを防ぐことができます。
さらに今回ご紹介したケア方法は、目の下のクマや疲れ目対策としても効果が高いので、まだ目袋ができていない方にもおすすめです。
毎日のお肌のお手入れの際に、ぜひ取り入れてみてくださいね。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら