5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

夏の肌はインナードライになりがち! 正しいケア方法をチェック

夏の肌はインナードライになりがち! 正しいケア方法をチェック

夏の肌はインナードライになりがち! 正しいケア方法をチェック

夏になると特に肌のベタつき、ハリ不足が気になる……という悩みを持つ人は少なくありませんが、もしかすると乾燥からくる「インナードライ肌」が原因かもしれません。
インナードライ肌は「小じわ」や「たるみ」などの原因になってしまうこともあるので、早めのケアが肝心です。
今回の記事では夏にインナードライ肌になりやすい理由や、正しいケア方法をご紹介します。

夏の“インナードライ肌”の原因とは?

夏にインナードライ肌になりやすい原因は、大きく分けると2つあります。
1つめの原因は、「強烈な紫外線量」です。地上に降り注ぐ紫外線の量は、7月~8月の夏真っ盛りのころにピークを迎えます。
紫外線は肌表面にある角質層だけではなく、肌内部の細胞にもダメージを与えて、うるおいをキープするバリア機能を低下させ、乾燥を引き起こしてしまうのです。

さらに肌は乾燥から身を守ろうとして、皮脂を大量に分泌し、肌の表面がベタつく「インナードライ肌」になってしまいます。

2つめの原因は「冷房の風」です。職場や電車内などの空調が効いている場所で、冷たく乾燥した風を浴び続けると、肌の水分がどんどん蒸発し、乾燥してしまいます。
また、冷房で体が冷えると血行が悪くなり、肌の新陳代謝の働きが鈍くなります。
すると新しい細胞が作られにくくなり、古い角質が溜まって肌のゴワつきやくすみ、吹き出物などを引き起こしてしまうのです。

このように、夏は肌の乾燥を招いてしまう環境が揃っているといえます。
肌の乾燥を放っておくとインナードライ肌がさらに悪化することもあるので、正しいケアを行うことが大切です。

インナードライ肌改善のための、正しいケア方法とは

インナードライ肌のさらなる悪化を防ぐために大切なことは、「紫外線ケア」と「保湿ケア」です。
お肌の表面だけではなく、内部の乾燥を防ぐことで、インナードライ肌を改善することができます。

まず気をつけたいのが「紫外線ケア」。夏の強烈な紫外線を防ぐため、日焼け止めを塗ったつもりでも、大量の汗で日焼け止めが流れてしまうケースも少なくありません。
気付いたときには紫外線によってダメージを受けていた……ということがないよう、こまめに塗り直しましょう。
また、日傘や帽子などの紫外線対策グッズを併用すると、より紫外線防止効果がアップします。

洗顔後やお風呂上がりに「保湿ケア」を行うときは、化粧水でたっぷり水分補給をしましょう。
一度にたくさん化粧水を付けようとすると、どうしてもムラになりやすくなります。

そこで、数回に分けてなじませると、よりしっかりと水分補給をすることができます。
化粧水がなじんだら、クリームや乳液で肌の水分を逃がさないようフタをしましょう。
皮膚が薄く乾燥しやすい目元は、目元用アイクリームなどでケアすると良いでしょう。

さらに、肌のゴワつきが気になるときは、角質ケア用の洗顔料などで肌の余計な角質をオフすると、化粧水の浸透が良くなり、保湿効果もアップします。

ただし、強く擦ったり1日に何度も行ったりするのは、肌へのダメージとなり、余計に乾燥してしまうので避けてください。
週に1回程度を目安に、やさしく角質をオフするよう心がけましょう。

正しいケアで夏のインナードライ肌対策をしよう!

万全のガードで、この夏も楽しもう!

インナードライ肌は、吹き出物や小じわ、顔色のくすみなど、さまざまなトラブルの原因になってしまいます。

肌の不調を予防するためにも、肌の乾燥を感じたら、早めに正しいケアを始めることが大切です。
夏の日差しや冷房から肌を守りながら、内側から輝くようなうるおいたっぷりの肌を目指しましょう!



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら