5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

エイジングケアはいつから始めるべき? 具体的な年齢と方法とは

エイジングケアはいつから始めるべき? 具体的な年齢と方法とは

エイジングケアはいつから始めるべき? 具体的な年齢と方法とは

エイジングケアという言葉を見聞きすると、「ある程度年齢を重ねた女性が行うもの」というイメージを抱く方も多いでしょう。

しかし、健やかな肌や若々しさをキープするためには、早めのエイジングケアが必要不可欠です。
では、具体的には一体何歳くらいから始めるべきなのでしょうか?
今回は、エイジングケアを始めるべき年齢と、具体的なケア方法をあわせてご紹介いたします。

エイジングケアを始めるべき年齢は?

肌の状態や加齢速度は個人差が大きいもの。
日々のスキンケアや肌状態によっても異なるため、「満○○歳からエイジングケアを始めるべき!」と断言することはできませんが、一般的には“20代後半~30代前半”にかけての年齢から始めるべきとされています。

これは、この頃の年齢になると肌のターンオーバーの周期が長くなり始めるといわれているため。
28日周期だったターンオーバーが長くなって周期が乱れると、古い角質が肌の表面に残り、くすみや乾燥を感じやすくなる上にシワやシミもできやすくなるのです。

さらに、30代に突入すると肌の悩みがいっそう増えるようになり、シミやシワに加えてたるみなどの老化現象も目立つようになります。
このことからも、エイジングケアを始めるのは早いに越したことはないといえます。
肌の変化や違和感を覚え、エイジングケアに興味を持ち始めたときこそ、本気でエイジングケアに取り組むべきなのです。

周りに差をつけるエイジングケア方法

周りに差をつけるエイジングケア方法

・肌の乾燥を防ぐ

肌の乾燥をそのままにしていると小ジワが現れ、さらには深いシワまで引き起こしてしまいます。
シワのない若々しい肌を保つためには、保湿ケアが欠かせません。
エイジングケア専用の高保湿化粧品を使用して、肌の乾燥を防ぎましょう。


・紫外線対策をする

紫外線は肌の内部にまで侵入し、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンを破壊します。
そのため、毎日の紫外線対策はエイジングケアの必須項目といえます。

朝のスキンケアで十分に保湿をしたあとは、日焼け止めを塗って紫外線ダメージを未然に防ぎましょう。
日焼け止めの使用に加え、日傘や帽子などで紫外線をシャットアウトすることも大切です。


・血流を促す

血流が滞ると全身への血の巡りが低下し、肌への栄養供給も滞ってしまいます。
肌の健やかさを保つことはもちろん、血色感を出してイキイキとした肌に見せるためにも、血行促進は欠かせません。
ウォーキングやストレッチなどの適度な運動をしたり、マッサージや入浴で血液の流れを促すようにしましょう。


・ストレスを溜めない

ストレスは活性酸素を発生させ、体や肌の老化を早めてしまいます。

また、過度のストレスは自律神経を乱れさせるため、血行不良の原因にもなります。
そのため、若々しさを保つエイジングケアにはストレス対策も必要不可欠です。
ストレスになるようなことをなるべく避けるとともに、趣味や運動、規則正しい生活などで健康な心身を作りましょう。

「最近、肌に元気がないかも……」と感じている場合は、肌がエイジングケアを必要とするサインを出しているせいかもしれません。
体の外と内の両方からケアを行って、イキイキとした健やか肌をキープしていきましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら