5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

春は肌にとってストレスフル!? 敏感肌を引き起こす原因と対策方法

春は肌にとってストレスフル!? 敏感肌を引き起こす原因と対策方法

春は肌にとってストレスフル!? 敏感肌を引き起こす原因と対策方法

冬から春にかけての季節の変わり目は、肌がいつもより敏感になりやすいといわれています。
実際に「春は何をしても肌が荒れやすい」「春はピリピリとした痛みやかゆみを感じる」という女性が多いのではないでしょうか。
ではなぜ春は敏感肌になりやすいのか、対策方法とあわせて探ってみましょう。

春の敏感肌を引き起こす原因

空気の乾燥

春は湿度が低いまま気温が上がるため、空気中の水分が少なく、とても乾燥しています。
すると肌の水分量まで低下し、角質層にすき間ができてバリア機能が衰えてしまいます。
その結果、ちょっとした刺激にも敏感に反応する敏感肌になってしまうのです。

一気に増える紫外線

3~4月になると紫外線量が一気に増えて、その量は冬の倍以上にもなります。
その刺激によって肌が炎症を起こして、ピリピリとした違和感を覚えてしまうのです。
また、紫外線は肌の乾燥を引き起こしますから、さらにバリア機能が低下する原因にもなります。

環境の変化によるストレス

春は会社や学校などで、環境が変化しやすい時期。
それがストレスとなり、肌のコンディションにも悪影響を及ぼしてしまいます。
睡眠不足や自律神経の乱れなどが原因で、肌のターンオーバーも崩れがちになってしまうのです。

花粉や黄砂などの刺激

春は肌が敏感になっているうえに、外部刺激も多いシーズンです。
花粉や黄砂などが肌に刺激を与えて、かゆみやかぶれを引き起こしてしまいます。
また、花粉症によってティッシュやマスクを使いすぎていると、肌に強い刺激が加わって、さらなる肌荒れを引き起こす恐れがあります。

春の敏感肌を防ぐ方法

春の敏感肌を防ぐ方法

春は肌にさまざまなダメージが加わる季節です。
敏感肌で困らないためにはどうしたら良いのか、しっかりチェックしておきましょう。


洗顔料を使いすぎない

肌の表面を覆っている皮脂は、乾燥を防いだり外部刺激から肌を守ったりする役割があります。
そのため、洗顔料を使って皮脂を取り除きすぎると、敏感肌を悪化させてしまいます。 肌が敏感なシーズンは洗顔料の量を減らして、皮脂を適度に残すようにしましょう。 朝は洗顔料を使わずに洗顔するのも、1つの敏感肌対策になります。


熱いお湯を使わない

熱いお湯で顔を洗うと、皮脂やセラミドなどの保湿成分が流れ出て乾燥し、敏感肌が悪化してしまいます。 顔を洗う時は30~32℃程度のぬるま湯を使うようにしましょう。
また、体や頭皮の乾燥が気になる場合も、いつもよりぬるめのお湯を使うことをおすすめします。


過剰なスキンケアをしない

肌の調子が悪いと「もっと入念にスキンケアをしなきゃ!」と思ってしまいがちです。 しかし春のような肌が敏感になるシーズンは、過剰なスキンケアがかえって刺激になることがあります。 特に頻繁なピーリングやスクラブなどは肌のバリア機能を低下させてしまうので、避けたほうが無難です。
まずは、基本的な洗顔と保湿ケアだけの最低限のケアで、様子を見るようにしましょう。


睡眠をしっかりとる

睡眠が不足すると免疫力が低下し、肌のコンディションも悪くなってしまいます。
アレルギー症状が悪化する原因にもなりますから、春こそしっかりと睡眠をとり、強い体と肌に整えましょう。

以上、春の敏感肌の原因と対策についてご紹介しました。
早め早めに対策を立てて、春でも快適な肌をキープしていきましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら