5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

○○秒以上の洗顔は肌に負担がかかる!? 美容にいい洗顔時間とは

○○秒以上の洗顔は肌に負担がかかる!? 美容にいい洗顔時間とは

洗顔はスキンケアの第一歩ともいえる重要な工程です。肌の汚れや皮脂を落とし、清潔な状態をキープするためには洗顔が欠かせません。
しかし、気合いを入れ過ぎて長時間洗顔をしていると、かえって肌に負担がかかることがあります。
肌のためを思っておこなっていることが、ダメージの原因になっているなんて驚きですよね。
健やかな肌をキープするためにも、理想的な洗顔時間について学んでおきましょう。

今回は、長時間の洗顔が肌に与える影響と、美容のための正しい洗顔時間についてご紹介いたします。

長時間の洗顔による肌への負担とは?

メイク残りや皮脂、汗などの肌の汚れを落とすためには洗顔料の使用が欠かせませんが、あまり丁寧に洗いすぎると、汚れだけでなく肌に必要なセラミドなどのうるおい成分までも落としてしまいます。

セラミドなどのうるおい成分は、肌を乾燥から守るという大切な働きがあるもの。
肌が乾燥するとバリア機能が低下して敏感肌になったり、シワやくすみ、ニキビなどの肌トラブルも起こりやすくなるため注意が必要です。

肌のうるおいを守るための洗顔時間とは?

・朝洗顔は「15秒」
前日の夜に洗顔をしていることもあり、朝の肌はそれほど多くの汚れはついていません。
就寝中についたホコリを落とすくらいで十分なので、洗顔料を乗せている時間は「15秒程度」に留め、手短に終わらせることが大切です。
洗顔をするときには洗顔料をよく泡立て、「Tゾーン→Uゾーン→目元・口元」の順に洗っていきましょう。

皮脂の多い部分から洗うことが、洗顔における重要なポイントです。
また、洗顔全体の流れは、「ぬるま湯で予洗い→泡立てた洗顔料を乗せる→すすぐ」の順番でおこないます。
すすぐときには、顔を洗っているときの倍以上の時間をかけ、洗顔料が残らないようにすることが重要です。

・夜洗顔は「30秒」
夜の肌にはクレンジングで落としきれなかったメイクや汗、ホコリなどがついています。
そのため、洗顔料を乗せている時間もやや長めの「30秒程度」が適切です。
これ以上長いと乾燥を招く可能性があるため注意しましょう。
洗顔の手順は、朝の洗顔同様に皮脂分泌が多いパーツから洗い、しっかりとすすぐのがポイントです。

洗顔をするのに適した時間帯とは?

肌荒れを防ぐあごヒゲの処理方法

洗顔をする時間帯は、ライフスタイルに合っていればいつでもOKです。
ただし、肌に負担を与えるメイクは早めに落としたほうがいいので、帰宅してからすぐにクレンジングをすることをおすすめします。
また、規則正しい生活は肌のターンオーバーの正常化に欠かせません。
できるだけ毎日決まった時間に洗顔しましょう。

「短時間で洗顔をしなければならないから」といって、手を抜いたりゴシゴシと強く擦るのはNG。
短時間の洗顔でも、たっぷりと泡を立ててやさしい力加減で行うことが大切です。
正しい洗顔方法で、乾燥知らずの健やか肌をキープしましょうね。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら