5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

肌荒れの原因は消化不良!? 胃腸と肌のつながりと対策テクニック

肌荒れの原因は消化不良!? 胃腸と肌のつながりと対策テクニック

丁寧なスキンケアを心掛けているのに、肌荒れが一向に改善しない……。
このような悩みを持つ場合、消化不良が肌荒れの原因になっているのかもしれません。

一見関係のなさそうな消化不良と肌荒れですが、この2つには実は深いつながりがあります。
健やかな肌を手に入れるためにも、消化不良と肌荒れの関係を知り、今すぐできる対策方法を取り入れていきましょう。

消化不良と肌荒れの関係とは?

消化不良とは胃腸の機能が低下し、吐き気や胸焼けなどが現れる症状のこと。
消化不良が起こるということは胃や腸内環境が悪くなっているため、肌の健康を保つために欠かせないビタミン類の合成ができにくくなります。

また、十分な食事をとっていても、胃腸の機能が低下していることで栄養素の吸収率が下がります。この結果、ビタミンやミネラルなどが不足し、肌荒れを招いてしまうのです。

消化不良による肌荒れを防ぐ方法

ダイエット中の肌荒れを防ぐ対策方法

・暴飲暴食をしない
暴飲暴食は胃腸に大きな負担をかけるため、消化不良の原因になります。
また、早食いや寝る直前の食事も良くありません。バランスの良い食事と腹八分目、そして規則正しい食生活を心掛けることが大切です。

・よく噛んで食べる
食事をよく噛んで食べると、消化酵素を含む唾液の分泌量が増えるため、消化吸収を高めることができます。
また、よく噛むと食べ物が細かくなるため、胃にかかる負担も減らすことができます。
食事はゆっくりとるとともに、1口につき30回程度噛むことを意識しましょう。

・消化に悪い食品をとりすぎない
脂っこい食事やかたい食べ物は、消化に時間がかかるため胃腸に負担を与えます。
揚げ物などは食べすぎないないこと、かたいものは煮込んで柔らかくしてから食べることを習慣にしましょう。
とくに、胃腸の調子が悪いときは、おかゆやうどん、湯豆腐や煮込んだ野菜など、消化の良いものを食べるようにしてください。

・胃腸を冷やさない
胃腸が冷えると機能が低下するため、消化不良だけでなく下痢や便秘の原因にもなります。
アイスやビールなどは極力控えめにして、温かい飲み物で胃腸を温めてあげましょう。
また、腹巻きなどで体の外から防寒対策をすることも消化不良の予防になります。

・ストレスを避ける
胃腸は、ストレスの影響を受けやすい臓器です。
ストレスを感じると、胃が痛くなったり下痢になったりするという方も多いでしょう。
できるだけストレスになることを避けるとともに、運動などでストレスを発散することが大切です。

・肌を刺激しない
胃腸が荒れているときの肌は、免疫力が低下してバリア機能が乱れています。
このような状態の肌に強い刺激を与えると、肌荒れが起きやすくなるため注意が必要です。
刺激を与えがちなスペシャルケアはしばらくお休みして、低刺激性の化粧品で必要最低限のケアを心掛けましょう。
また、洗顔やスキンケア時には極力摩擦を避け、やさしいタッチで肌に触れることも重要なポイントです。

肌荒れがなかなか改善しないという場合には、スキンケアを見直すだけでなく、胃腸をいたわるインナーケアに注目することも大切です。
体の外側と内側の両方からアプローチをして、健康な素肌へと導きましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら