5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!
  • TOP
  • 若さの秘訣コラム
  • >「ファンデの毛穴落ち」の原因は? 毛穴レス肌を作るメイクテクニック

「ファンデの毛穴落ち」の原因は? 毛穴レス肌を作るメイクテクニック

「ファンデの毛穴落ち」の原因は? 毛穴レス肌を作るメイクテクニック

「ファンデの毛穴落ち」とは、開いた毛穴の中にファンデーションが入り込み、白く目立ってしまう状態のこと。
このような状態になると、いくら上からファンデーションを重ねても、より一層毛穴だけが悪目立ちしてしまいます。
ファンデの毛穴落ちを防ぐためには、朝のメイク時にあらかじめ毛穴落ちしにくく仕上げた上で、正しいメイク直し方法を知っておくことが大切です。

今回は、ファンデの毛穴落ちが起こる原因と、上手なメイクテクニックをご紹介します。

ファンデの毛穴落ちはなぜ起こる? 詳しい原因をチェック!

毛穴落ちが起きると、肌のテカリやベタつきなども気になりますが、実は肌の乾燥が大きな原因になっています。
肌の水分量が低下すると角質層の細胞がしぼみ、毛穴がぱっくりと開いてしまうのです。

また、肌が乾燥するのは、細胞内の水分量を保つ働きを持つセラミド不足が原因です。
セラミドは加齢とともに減っていきますが、過度の洗顔や摩擦などによっても減少してしまいます。
そのため、毛穴落ちを防ぐためには、日頃のメイクにあわせてスキンケア方法を見直すことも重要になります。

毛穴落ちしにくいメイクテクニック4つの流れ

1. まずは保湿を
乾燥(セラミド不足)による毛穴落ちを防ぐためには、セラミド配合化粧品による保湿ケアが有効です。
セラミドを補ってあげることで肌細胞がふっくらと盛り上がり、毛穴が目立ちにくい肌に整えることができます。
何かと忙しい朝の保湿ケアは手を抜きがちですが、メイク前にはしっかりと保湿ケアをして、ふっくらとうるおった肌を作り上げましょう。

2. 化粧下地を使う
面倒だからといって、肌に直接ファンデーションを塗るのはNGです。
ファンデーションを直接塗ってしまうと、ここぞとばかりにファンデーションが毛穴に入り込み、毛穴落ちが目立ってしまいます。
保湿ケアのあとは化粧下地を塗り、肌の表面をフラットな状態にしておくことが大切です。

3. リキッドファンデーションを使う
ファンデーションにはさまざまな種類がありますが、肌への密着度が高いリキッドファンデーションを選ぶと毛穴落ちが目立ちにくくなります。
自分の肌に合ったリキッドファンデーションを用意しましょう。

4. ファンデーションは薄くつける
ファンデーションを厚く塗ると、ヨレや崩れが起きやすくなるうえに、毛穴落ちも目立ってしまいます。
毛穴落ちを防ぐためには、ファンデーションはできるだけ薄く塗るように心掛けましょう。
さらに、毛穴が気になるところはスポンジやブラシで、優しく叩き込むように塗り、密着度を上げるのもポイントです。

毛穴落ちしてしまったときのメイク直しテクニック

毛穴落ちしにくいメイクテクニック4つの流れ

・乳液でメイクを落としてから直す
丁寧にメイクをしていても、環境や肌の状態によっては毛穴落ちが起こってしまうこともあります。
万が一、毛穴落ちしてしまったときは、そのままファンデーションを重ねるのではなく、乳液でメイクを落としましょう。

1. ティッシュでファンデーションを優しくふき取る
2. 乳液をつけたコットンを肌の上でクルクルと回し、ファンデーションを落とす
3. 余分な油分をティッシュオフする
4. 化粧下地を重ねる
5. ファンデーションやルースパウダーを重ねる

肌を美しく見せるためにファンデーションを塗っているのに、かえって毛穴が目立ってしまうのでは意味がありませんよね。
メイク崩れを防ぐ保湿ケアとメイク、メイク直しのテクニックを身につけて、毛穴レスのたまご肌を目指しましょう。



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら