5,000円以上の各種化粧品をご購入で送料無料!

そのメイクがシミの原因…!? シミを作る危険なNGメイクと改善策

そのメイクがシミの原因…!? シミを作る危険なNGメイクと改善策

見た目年齢を下げ、メイクをしてもなかなか隠しきれないシミは、紫外線が原因で発生することが有名です。

しかし、原因は紫外線だけでなく「メイクの仕方」によってもシミができやすくなるってご存じでしたか?
どのようなメイクがシミを作るのか、シミを防ぐメイク方法とあわせてご紹介します。

意外とやってる「シミの原因となるNGメイク」とは

シミは、肌内部へのダメージや摩擦、肌を生成する成分が減少することなどが原因で発生します。
では、なぜメイクが原因でシミができるのでしょうか…?

・肌を強くこするメイク
メイクは毎日行うものですが、その度に肌を強くこすっているとシミのように黒ずむことがあります。
この症状を摩擦黒皮症と言い、皮膚がくり返して摩擦されることでメラニン色素が生成され、シミができてしまうのです。
なお、顔の摩擦黒皮症は肝斑に似ていて、シミがぼんやりと現れる傾向があります。

・固いパフやブラシでのメイク
肌に優しく触れているつもりでも、メイク中に固いパフやブラシを使っているとシミができやすくなります。
パフやブラシの凹凸が肌を刺激し、メラニン色素を作るメラノサイトを活性化させてしまい、日々の刺激が蓄積してシミが浮き出てきてしまうのです。
同じ場所に何度もパフやブラシを当てることも、摩擦によるシミを引き起こすので注意しましょう。

・古い化粧品を使ったメイク
使用期限を過ぎた化粧品は酸化していたり、雑菌が繁殖している恐れがあります。
そのような劣化した化粧品を使うと肌に刺激が加わり、メラニンが作られてしまうのです。

また、長期間洗っていないパフやブラシにも多くの雑菌が繁殖しているので注意が必要です。

シミを防ぐ肌に優しいメイクポイント3つ

シミを防ぐ肌に優しいメイクポイント3つ

シミの原因になる可能性があるとしても、「メイクをしない」という選択をするのはなかなか難しいものです。
できる限り肌に優しくメイクをするためにも、以下のポイントを覚えておきましょう。

・伸びの良い化粧品を選ぶ
伸びの悪い化粧品を使っていると、顔全体やパーツに塗り広げる度に肌を強くこすってしまいます。
できるだけ負担を少なくメイクを終えるためにも、少量でも伸びがいいアイテムを選びましょう。
ファンデーションの伸びが悪い場合は、乳液やオイルを少し混ぜると、伸びが良くなって肌への負担を減らすことができますよ。

・柔らかいパフやブラシを使用する
肌に刺激を与えないために、パフやブラシは柔らかいものを使用しましょう。
なお、パフやブラシを購入する時は手で触れるだけでなく、顔の肌で感触を確かめることが大切です。

敏感な顔の肌に当てても「柔らかい、気持ちいい」と思えるものだけを使用しましょう。

・化粧品を定期的に買い替える
たとえ中身が残っていても、古くなった化粧品は処分して新しいものに買い替えましょう。
ちなみに開封後の化粧品の使用期限は、マスカラが3ヶ月以内、ファンデーションやリップメイクアイテムが6ヶ月以内、アイシャドウが1年以内、チークが2年以内と言われています。
マスカラは目に触れるため雑菌が繁殖しやすいので、短期間のサイクルで買い替えましょう。

ダメージをカバーするためのメイクが、肌の負担になっていては元も子もありません。
すっぴんでも堂々と歩けるようなお肌をキープするためにも、シミ対策はしっかり行いましょう!



現在のカゴの中

合計数量0点

商品金額0円

5,000円以上のご購入で送料無料

代引手数料無料

クーポンのご使用で割引を受けられます!お持の方はこちらから

カートを見る
発送日目安発送日目安
  • 取り扱い店舗取り扱い店舗
  • よくある質問よくある質問
  • お問い合わせお問い合わせ
  • プライバシーポリシープライバシーポリシー
  • 特定商取引法について特定商取引法について
  • サイト利用規約サイト利用規約
  • 若さの秘訣ブログ若さの秘訣ブログ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら